肌別化粧水の選びかた

お肌の悩みのほとんどは保湿で解決できることがほとんどです。



ただ化粧水をつけて与えるだけではなく、皮膚の構成部分にしっかりと必要な栄養分を補給することが必要となってきます。
表面だけが保湿されているだけだと奥の肌トラブルの解決することが難しく、メラニンの抑制がされなかったり、ニキビができてしまう原因になってしまいます。


肌の調子が悪いときは肌の水分が少なくなっていますので、肌の奥の方まで浸透させないといけないのです。


ただ化粧水をつけるだけでは蒸発をしてしまうのでクリームや乳液で蓋をして1日うるおいキープするのが大切です。

教えて!gooにまつわる情報をまとめています。

そして肌質によって化粧水に必要な成分も変わってくるのです。

主に肌質は乾燥肌、脂性肌、敏感肌、普通肌の4タイプに分かれています。
乾燥肌とは、顔がつっぱったり皮がむけやすい肌質の事を言います。

乾燥肌の肌状態は角質の脂分が不足していたり水分が蒸発してしまうことからターンオーバーが早くなってしまいがちです。
なので、セラミドやコラーゲンが配合されている成分を選ぶといいでしょう。


脂性肌はニキビができやすかったり毛穴が黒ずみやすくメイクも崩れやすい肌質です。原因としてはホルモンバランスの乱れや不規則な食生活でなりやすくなります。ホホバオイなどの肌なじみがよく、ビタミンCやガンマリノレン酸が入っているものでエタノールが配合されているものは避けてください。敏感肌には外部からの刺激やホルモンバランスでアレルギー反応している可能性があります。

保湿化粧水がどんなものかご存知ですか。

アミノ酸配合されているものは低刺激のものが多いのでお勧めです。


自分にあった化粧水で美肌をぜひ目指してください。